イーバンク銀行の活用法>5.外貨預金とイーバンクのFXとその他FXの特徴比較

最終更新日:2008/03/24

■外貨預金とFX
外貨預金を始めて、いろいろと勉強すると、FXと言うものに行き着くと思います。
外貨預金よりもいろいろな面で有利と言われています。

僕も外貨預金を始めてすぐにFXのことを知りました。
それからいろいろなサイトを見たり、入門本を買ったりして勉強しました。
そして今ではFXばかりやっています。

外貨預金とFXではどう違うのか、表にして比較してみました。
ここで取り上げた業者は以下の4つです。
・イーバンクの外貨預金
・イーバンクのFX
・外為どっとコム(大手FX業者)
・マネーパートナーズ(大手FX業者)

イーバンクのFXに関しては僕は取引していませんので、曖昧な事しか書けませんが、
その他は全て実際に口座を開設して取引をしています。

■総合的に見るとマネーパートナーズの圧勝?!
僕が一番気に入っているのは マネーパートナーズ です。
FXの業者の中では手数料が安いほうですし、取引もしやすく、業者の信頼性も
高いほうだと思われます。信託保全がされていますので、万一の際も資産は保護されます。

ただし、業者ごとに長所・短所がありますので、いろいろ開設して実際にやってみるのが
一番かと思われます。 外為どっとコム は情報が豊富ですし、利用者も多く安心できます。
イーバンクの外貨預金は長く、外国の高金利を享受したい人向けです。
イーバンクのFXは税制面で損失が繰り越しできるなど有利です。

いろいろ実際にやってみる中で、自分にあった業者を見つけてみるのが一番かと思います。
口座開設はどこも無料ですし、中にはキャンペーンをやっていて、
取引をすると5000円キャッシュバックしてくれるところもあります。

■レバレッジとロスカットについて
FXの最大の特徴はレバレッジがかけられることと、ロスカットがあるということです。
外貨預金にはありません。
外貨預金しか知らない人はこの辺がピンと来にくいところだと思います。僕もそうでした。

具体的な例をあげて説明します。(ここでは金利、スワップ、手数料等は一切考えません。)

<前提となる状況>
現在1ドル=100円です。手元には軍資金が100万円あります。
そこで外貨預金でドル買い、またはFXでドル買い円売りポジションを持つことにします。
1ヵ月後、1ドル=105円の円安ドル高になって、そこで売却するとします。

<外貨預金の場合>
1ドル=100円ですので100万円で一万ドル購入する事ができます。
1ヵ月後、105円になりました。
その時点で売れば、1万ドル×105円で105万円手にする事ができます。
5万円の儲けです。

<FXでレバレッジ1倍の場合>
1ドル=100円ですので100万円の軍資金で1万のドル買い、円売りポジションを持つ事にしました。
この時点で口座残高は100万円、為替評価差益は0円です。
1ヵ月後、105円になりました。
その時点でそのポジションを決済すれば、10,000×5円の為替変動=5万円の利益を手にする事ができます。
口座残高は105万円になり、5万円の儲けです。
レバレッジ1倍=外貨預金と同じですので儲けも同じになります。

<FXでレバレッジ5倍の場合>
1ドル=100円ですので100万円の軍資金でレバレッジを5倍にかければ、
5万のドル買い、円売りポジションを持つ事ができます。
(レバレッジ5倍をかける=軍資金の5倍のポジションを持つ事ができます)
この時点で口座残高は100万円、為替評価差益は0円です。
1ヵ月後、105円になりました。
その時点でそのポジションを決済すれば、50,000×5円の為替変動=25万円の利益を手にする事ができます。
口座残高は125万円になり、25万円の儲けです。


なかなかポジションを持つ、という感覚が分かりにくいかとは思いますが、
なんとなく分かっていただけたでしょうか。
FXはこのように少ない資金でも大きな利益を狙えるチャンスがあります。

ただし!

利益を狙えるチャンスがあると言うことは、同様にリスクも大きくなります。
損する可能性も大いにあるってことです。
一番怖いのはロスカットです。
先ほどの例で見てみましょう。

<前提となる状況>
現在1ドル=100円です。手元には軍資金が100万円あります。
そこで外貨預金でドル買い、またはFXでドル買い円売りポジションを持つことにします。
1ヵ月後、1ドル=90円の円高ドル安になったとします。

<外貨預金の場合>
1ドル=100円ですので100万円で一万ドル購入する事ができます。
1ヵ月後、90円になりました。
その時点で売れば、1万ドル×90円で90万円手にする事ができます。
10万円の損です。

<FXでレバレッジ1倍の場合>
1ドル=100円ですので100万円の軍資金で1万のドル買い、円売りポジションを持つ事にしました。
この時点で口座残高は100万円、為替評価差益は0円です。
1ヵ月後、90円になりました。
その時点でそのポジションを決済すれば、10,000×10円の為替変動=10万円の損失を被ります。
口座残高は90万円になり、10万円の損失です。
レバレッジ1倍=外貨預金と同じですので損失も同じになります。

<FXでレバレッジ5倍の場合>
1ドル=100円ですので100万円の軍資金でレバレッジを5倍にかければ、
5万のドル買い、円売りポジションを持つ事ができます。
この時点で口座残高は100万円、為替評価差益は0円です。
1ヵ月後、90円になりました。
その時点でそのポジションを決済すれば、50,000×10円の為替変動=50万円の損失を被ります。
口座残高は50万円になり、50万円の損失です。


ここまでではロスカットは出てきませんでした・・・
ではレバレッジを20倍にしていた場合はどうなるでしょうか。

100万円の軍資金でレバレッジ20倍ですと、20万通貨のポジションを持つ事ができます。
もし1ドル=90円になってしまったら・・・
20万×10円=200万円
となり、損失が軍資金を超えてしまいます。

しかし、実際はそうならないように、損失>軍資金になる前に自動で強制的にポジションが決済されます。
これがロスカットです。
FXで一番怖いのがこのロスカットで、いかにリスク管理をするかが重要になってきます。
高レバレッジは危険と言われるのはこういう仕組みだからです。
ちょっと難しいですが分かっていただけましたでしょうか。

■外貨預金からFXにステップアップ!けどその前に・・・「バーチャルFX」のススメ
バーチャルFXはゲーム感覚でFXを体験する事ができます。
無料で簡単な登録をするだけではじめることができるので、
実際にFXを始める前にはぜひやっておいて欲しいものです。

登録すると仮想マネー500万円の資金を元手にFXにて増やしていく事になります。
レートは実際のレートが使用されているので、臨場感もバッチリ!
手堅く増やそうとするのも良し、博打を打つのも良しです。
上位入賞すると豪華な景品も用意されています。
(ちなみに僕は過去2回、博打を打って仮想マネーで含み損1000万円以上を達成しましたw)

登録はこちらから
■その他
イーバンクの外貨預金、FXについてなんとなく分かっていただけたでしょうか。
不明な点等ございましたら、当サイト掲示板にてご質問いただくか、
メールしていただければすぐに返事いたします。

外貨預金、FXはリスクのある商品ですので、くれぐれも自己責任でお願いしますね。

各社の外貨預金とFXの比較表
イーバンク外貨預金 イーバンクFX 外為どっとコム
(大手FX業者)
マネーパートナーズ
(大手FX業者)
概要 イーバンクの外貨預金です。
イーバンク銀行に口座をお持ちの方なら
簡単に外貨預金できます。
イーバンクが取り扱っているFXです。
取引所取引、いわゆる「くりっく365」です。
イーバンクに口座をお持ちでも、
手続きが必要です。
大手FX業者です。
手数料は高めです。
取引所取引ではなく、
相対取引となります。
最初に口座開設が必要です。
大手FX業者です。
外為どっとコムより
手数料が安いです。
最初に口座開設が必要です。
手数料
(ドル、ドル円の場合)
片道13銭
(預入レートと払い戻しレートの差がドルの場合で26銭=スプレッド26pips)
手数料:片道1万通貨に付き315円
=スプレッド6.3pips
手数料は片道1万通貨に付き500円
スプレッド5pips
(デイトレの場合、
決済手数料無料。
手数料無料口座も有り)
手数料は0円
スプレッド3pips
税金 利息に対して20%源泉徴収。
為替差益は雑所得として所得税がかかる。
一律20%の税率による申告分離課税が適用。 為替差益、スワップポイントは雑所得として所得税がかかる。 為替差益、スワップポイントは雑所得として所得税がかかる。
レバレッジ かけることができない 最大20倍程度 最大20倍程度
(最大100倍の口座もあり)
最大100倍程度
メリット ロスカットが無い。
日本の金利に関わらず、
預入通貨国の金利が受け取れる。
ロスカットの心配が無い。
税制面で有利。
業者リスクが少ない。
レバレッジをかけられるので
資金効率が良い。
円買い・外貨売りができる。
情報やツールが豊富なので、
初心者がFXを始めるには最適。
レバレッジをかけられるので
資金効率が良い。
円買い・外貨売りができる。
手数料が安い。
優れたツールが使える。
レバレッジをかけられるので
資金効率が良い。
円買い・外貨売りができる。
デメリット 外貨買い・円売りからしか入れない。
レバレッジがかけられないので、
資金効率が悪い。
手数料が高い。
手数料が高い。
システムが使いづらい。
ロスカットの心配がある。
手数料が高い。
ロスカットの心配がある。
利益にかかる税金が高い。
ロスカットの心配がある。
利益にかかる税金が高い。

戻る