ネットバンク徹底比較

イーバンク銀行とは おもしろ支店名 魅力 活用法 FAQ
ネットバンク比較 BBS TOP

最終更新日:2008/05/15

■ネットバンク徹底比較
当サイトはイーバンクのファンサイトなので、イーバンクを徹底的にオススメしていますが、
果たしてイーバンクは本当にお得なのか?このページでは他のネット銀行と比較することで、
イーバンクの優位性を徹底的に検証してみたいと思います。

まず最初にどの銀行と比較するかです。まずは同じネットバンクとして新生銀行、ソニーバンクをあげます。
新生銀行は実店舗も持つ為、ネット専業銀行ではありませんが、ネットにも特化した銀行の為、
比較してみます。ソニーバンクはネット専業銀行です。ジャパンネットバンクもネット専業銀行として
有名ですが、口座維持手数料が有料(無料になる場合もある)の為、比較対象外とします。
サービス内容も特に魅力はありませんし・・・。
その他に、ネットバンクと、そうでない銀行の比較として、三大メガバンクの一つであるみずほ銀行も
比較してみたいと思います。なぜみずほ銀行なのか・・・特に理由はありません。
みずほ銀行にはインターネット支店というのがあるみたいなので、それを比較対象にします。

参考までに僕は2008年5月時点で、イーバンクのほかに新生銀行の口座と、ソニー銀行の口座、
さらに2007年秋に開業した住信SBIネット銀行の口座を持ってます。
みずほ銀行口座は持っていません。
情報については各銀行公式ホームページの情報を元に比較しています。
間違い等ありましたらご指摘下さい。
なお、イーバンクが有利になるように比較したりはしないことをあらかじめ断言しておきます。

■振込みは新生銀行を使うのがベスト
他行宛の振込みに関しては新生銀行を利用するのが最安となります。
新生銀行のインターネットバンキングは他行宛振込みが月3回無料です。
(2008年7月1日からは月1回無料に改悪。)
取引状況によっては月10回まで無料になります。


ですので振込に関してのみ言えば新生銀行が一番です。
2番目に安いのはイーバンクで、金額、回数に関わらず一律160円となります。

■金利はやっぱりイーバンク?!ソニーバンクもお得。
普通預金金利はイーバンクが0.325%。ソニーバンクが0.3%とイーバンクの勝ち。
定期預金金利はイーバンクとソニーバンクがいい勝負をしています。
やはりネット専業銀行だからこのような好金利が可能なのでしょうか。
金利を気にするならこの二つの銀行の金利をよく比べてみることをオススメします。
また、ボーナスシーズン前後には両銀行ともに特別金利キャンペーンなどを
やっていることもあります。

■外貨預金もやっぱりイーバンク。ソニーバンクも良い。
僕はイーバンクが外貨預金を取り扱い開始したことで、外貨に興味が持てました。
イーバンクの外貨預金は金利は高く、為替コストも安いことが特徴です。
(08年5月19日より為替コストが高くなっています。)
取り扱い通貨は米ドル、ユーロ、豪ドル、NZドル、英ポンド、南アフリカランドです。
また、平日は24時間取引可能で、やり取りが簡単なことも魅力です。
ソニーバンクはイーバンクよりも豊富な外貨預金の商品を提供しています。
また、取引金額が多ければ多いほど為替コストが安くなり、金利が高くなる
優遇制度を導入しています。
外貨預金をやるなら、まずはイーバンクでお試し感覚でやってみて、
本格的にやるならソニーバンク、と言った感じでしょうか。

■ここがダメだよイーバンク!
他行と比較した上でイーバンクは断然有利なのですが、全て有利と言うわけでもありません。
イーバンクの不利なところをあげてみましょう。

1.セブン銀行ATM、ゆうちょ銀行ATMが月数回までしか無料で利用できない。
昔は何回でも無料で利用できたのですが、今では出金などは月1〜5回しか無料で
利用できません。よく使う、って言う方には不便だと思います。
新生銀行やソニー銀行はほぼ無料です。

2.全てのクレジットカードの引き落とし口座に対応していない。
一部のクレジットカード会社の引き落としには対応しているようですが、
利用できないところも多いようです。

3.支店名がアレ・・・。
イーバンクの支店名は音楽支店名というテーマで、ダンス支店、リズム支店、サルサ支店などというものに、
なっています。実生活で給与振込口座に指定するときなどにちょっと恥ずかしいというデメリットがあります。
気にしない人は気にしないかもしれませんけどね。

4.その他細かいところを見ると・・・
外貨が指値で注文できない。→ソニーバンクはできます。
為替レートがログインしないと見れない。→ソニーバンクならログインせず見れます。
積み立て定期預金がない。→ソニーバンクならあります。
ここの管理人はソニバン信者ですか?→違います。でも上記の点は事実。
個人的にはどれもほとんど気にしていないですけどね。
ネットバンク徹底比較
イーバンク銀行 新生銀行 ソニー銀行 みずほ銀行
口座維持手数料 0円
同行同士振替手数料 0円 0円
(インターネットバンキング利用の場合のみ)
0円 0円
(インターネット支店宛、インターネット/モバイル/
テレホンバンキング利用の場合のみ)
他行宛振込手数料 160円 0円
(月3〜10回まで。それ以降300円)
210円 210円
(3万円未満の場合)
利用できるATM ・セブン銀行ATM
・ゆうちょ銀行ATM
・セブン銀行ATM
・ゆうちょ銀行ATM
・新生銀行ATM
・全都市銀行ATM
・信託銀行主要4行(中央三井・三菱UFJ・住友・みずほ)のATM
・あおぞら銀行、商工中金のATM
・三井住友銀行各拠点のATM
・コンビニエンスストアam/pmのATMサービス「@BΛNK」(福岡県内を除く)
・三菱東京UFJ銀行各拠点のATM(病院・学校などに設置の一部のATMを除く)
・ゆうちょ銀行ATM
・セブン銀行ATM
・みずほ銀行ATM
・セブン銀行ATM(有料)
・イーネットATM(有料)
・ローソンATM(有料)
普通預金金利(税引前) 0.325% 0.11%
(100万円未満の場合)
0.3% 0.2%
キャッシュカード発行 ・VISAデビット機能の付いたキャッシュカードを無料で発行 無料で口座開設時発行 無料で口座開設時発行 無料で口座開設時発行
定期預金金利
(50万円を6ヶ月満期で預けた場合)
0.64% 0.27% 0.633% 0.27%
外貨預金 ・普通預金と定期預金。
・米ドル、ユーロ、豪ドル、NZドル、英ポンド、南アランド取扱。
・10万円以上から。
・為替コスト10銭(米ドル・ユーロの場合)
・高金利。


外貨ならイーバンク!
・普通預金、定期預金始め豊富な金融商品。
・米ドル、ユーロ、豪ドル、NZドル、英ポンド、カナダドル、香港ドル、シンガポールドル取扱。
・金利は低め・・・。
・為替コスト1円。(米ドル、ユーロなど)


豊富な商品。ただ手数料高く、金利は低い。
・取扱通貨は米ドル・ユーロ・英ポンド・豪ドル・NZドル・カナダドル・香港ドル・スイスフラン。
・外貨普通預金、外貨定期預金など。
・普通、定期ともに高金利。預入額に応じてさらにプラス。
・為替コストは取引額に応じて安くなる、優遇制度導入。


安めの為替コストと高めの金利。なかなかオススメ。
・取扱通貨は米ドル、ユーロ、英ポンド、スイスフラン。
・米ドルで60銭の為替コスト。
・金利もダメダメ・・・。


特徴無く、メリット無し。
支店名 ダンス支店、リズム支店などの音楽支店名。好きな支店名を選択可能。 ホンテン ホンテン インターネット支店
独自のセキュリティ補償 不正な被害にあった際に最大1000万円まで預金を補償 所定の基準に従いその損害の全部または一部の額を補てん 所定の手続きに基づき補償 規定に基づき補償
預金保険の適用 円普通預金及び円定期預金は1000万円まで元本とその利息が保護されます。
その他 ・メルマネ
・ショッピングサイトの支払いに使える
・toto、競馬、競輪ができる
・FX(くりっく365)を取り扱っている。
など。
・FXを取り扱っている。
本比較表の情報は2008年5月15日時点のものです。

イーバンク銀行とは おもしろ支店名 魅力 活用法 FAQ
ネットバンク比較 BBS TOP